10.10 映画 五等になりたい。

映 画 5等になりたい。

1995年(平成7年)10月10日公開

製作 / 桂壮三郎 岡村光雄 田中道哉 野々村優 企画 / 小室皓充 別所孝治 監督 / 加藤盟 アニメーション演出 / 寒竹清隆 作画監督 / 西城隆嗣 脚色 / 山本洋子 原案 / 岸川悦子 撮影監督 / 柳田久次郎 音楽 / 大島ミチル 音楽プロデューサー /  安東義史 美術監督 / 地蔵本拓嗣 録音 / 阿部幸男 音響監督 / 本田保則 編集 / 神谷信武 キャラクターデザイン / 西城隆嗣 声の出演 / 御手洗リカ 日吉孝明 紗ゆり 野口五郎

【あらすじ】 小児麻痺で4歳まで立つこともできなかった律子だが、小学校に入学するときには元気に歩けるようになった。 しかし、みんなとまったく同じように歩くことはできず、律子はクラスメイトたちからイジメられてしまう。 そんな傷ついた彼女は、足のマッサージ師石橋先生から『人間にとって一番悲しいことは、身体のハンディよりも心にハンディを持つことだ』と勇気づけられる。 運動会が近づいたある日、律子は悩みながらも駆けっこで5等になることを夢見るようになっていた。 エンディングテーマ曲には、アルバム「北回帰線」より「少女よ」が挿入され、印象的なシーンになりました。